ヴィニョーヴル・ピュイヨ / ラ・フルール・ガルデローズ ブラン 2018
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ヴィニョーヴル・ピュイヨ / ラ・フルール・ガルデローズ ブラン 2018

¥5,170 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

VIGNOBLES PUEYO / La Fleur Garderose Blanc 2018 原産国/地方:フランス/ボルドー タイプ:白 品種:ソーヴィニヨンブラン100% サイズ:750ml ネリジャン村というサンテミリオンと同じ、化石が多く含まれている黄色の土壌を持つ地区に植わる、ソーヴィニヨンブラン100%で造られてキュヴェ。 収穫した葡萄を除梗せずに房まるごとプレス機にかけ、果汁を中型の樽にて約12か月間の発酵&熟成。 その後、ステンレスタンクにてさらに3か月ほど熟成させて瓶詰。 ソーヴィニヨンブランを使った従来のボルドーブランのイメージを大きく覆す、パイナップルや熟したフルーツの味わいを感じる、葡萄の熟度の高さを感じさせるリッチな味わいと心地よい酸を楽しめます。2016年が初ヴィンテージのまだまだ可能性に溢れた興味深いボルドーブランです。(輸入元資料より) <ヴィニョーヴル・ピュイヨについて> ボルドー・サンテミリオンにも自然派生産者が現れました。その名もヴィニョーヴル・ピュイヨ。サンテミリオンのリブルネにて5世代にわたって長く続くドメーヌで、10区画に分かれた計8.5haの畑を所有しています。現在畑やワインの管理を行っているのはクリストフ・ピュイヨで、彼の父親と御爺さんがこのドメーヌを受け継いだ時は3haほどの小さなものでしたが、隣人などから畑を購入する機会を得て今に至ります。その当時から続くドメーヌの名前はシャトー・ベルレガード・フィジャック。2010年に現当主クリストフが本格的に自然な造りに転換し、別ブランドとしてヴィニューヴル・ピュイヨを立ち上げます。現在は認証も取得しリブルネで唯一の自然派ドメーヌになりました。 ピュイヨの畑の特徴はどの区画の葡萄も樹齢が古い事。平均樹齢が50年ほどのカベルネ・フランやカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロを所有しており、左岸のグラーヴに近い砂質土壌に植えられています。よって現在はメルロの栽培が主ですが、将来的にはカベルネ・ソーヴィニヨンの栽培比率を増やす予定との事。 醸造に関しては葡萄を収穫後、除梗し10度ほどの低温から醗酵をスタートさせます。通常のボルドーワインは醗酵が進むに従ってピジャージュやルモンタージュを繰り返しますが、クリストフはそういった作業を出来るだけ行わず、葡萄本来の味を表現できるように気を付けています。特にピジャージュは一切行わないそうです。熟成は半分がステンレスタンク、残り半分は古樽にて行います。彼が目指すヴィニョーヴル・ピュイヨの味わいは、新鮮で爽やか、酸が綺麗で、スイスイと飲めてしまうボルドーワインです。一口飲めば彼の目指す味わいがどういう方向性なのかすぐに理解できます。そして「本当のボルドーワインとは何か」という事を考えさせられます。2015年に初めてディーヴ・ブテイユに参加。すでにパリのビストロ、シャトー・ブリアンやセプティムでも大人気のワインとなっています。