ル・レザン・ア・プリュム / ル・ムーラン 2020
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

ル・レザン・ア・プリュム / ル・ムーラン 2020

残り3点

¥4,070 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

LE RAISIN A PLUME / Le Moulin 2020 原産国/地方:フランス/ロワール タイプ:白 品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ100% サイズ:750ml その地区の典型とも言える、ロワール河に向かって傾斜するシスト土壌に植わる樹齢約40年のムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)で醸造されたワイン。全房の葡萄をダイレクトプレス。ファイバータンクにて3週間の発酵、そして同じタンクにて9カ月間の熟成。 ​キュヴェの名前のムーランとは、葡萄が栽培される区画に「ムーラン=風車」がある事から命名。やや果実の厚みを感じる酒質で、柑橘、根菜やエピスなどの複雑なニュアンスを持ち、食中に色んな料理に幅広く合わせる事ができそうな、素晴らしいポテンシャルを持っています。 (輸入元資料より) <ル・レザン・ア・プリュムについて> 2014年にロワール・アンジュ地区の近く、ウドン村に誕生した新しいドメーヌがこの「ル・レザン・ア・プリュム」。当主のジャック・フェヴリエはブルターニュ出身で、アンリ・ミランのワインを飲んだ時にその味わいに衝撃を受け、自然派ワインを意識し始めます。その後飲食店サービスの専門学校に入校し、ソムリエを目指します。ソムリエの資格を取得後は名だたるレストランで働き、ロンドンではアラン・デュカスの元でも働きました。しかし彼はソムリエとして活躍していくと同時に、徐々に葡萄の栽培やワイン造りの魅力にも引きずりこまれていくのです。初めて畑で働いたのはロアールのアンジュ地方での収穫の手伝いで、同時にジャン・クリストッフ・ガルニエのところにも見学に行くなど、さらに葡萄造りの道に魅力を感じていきます。 そのあとアルザス地方へ奥さん(ジュリー)のために引っ越しをし、アルザスでもパトリック・メイエやジェラール・シュレールなど、色々な蔵元で手伝いや研修をしました。その後ロワールに移り、2011年には醸造学校に入校。完全にワイン造りの道を進む事を決意します。ロワールではメゾン・ブリュレのポール・ジレの元で醸造を習い、ノエラ・モランタンの元でも様々な事を学びました。そして遂に、故郷のブルターニュから近いこともあってアンジュの近くのウドン村に移住し自身のドメーヌを設立しました。 ドメーヌの名前はル・レザン・ア・プリュム。レザンは「葡萄」、プリュムは「羽」という意味で、奥さんのジュリーが新聞記者でもあり、ワインについていろいろな記事を書くことから、プリュムは羽(羽ばたく葡萄)でもあり、万年筆(昔の万年筆は鳥の羽だった為)という意味も込めてその名前にしました。 彼の好きな醸造元はセネシャリエールのマルク・ペノ、エルヴェ・スオー、 ノエラ・モランタン、アンリ・ミラン、アルザスのブルーノ・シュラーなどで、それを現すかのように、彼のワイン美学はフィネス、上品さ、緊張感、キリっとしてミネラル感たっぷりの味わいを表現する事にあります。2014年が初ヴィンテージですが、その最初の年から多くの関係者が彼のワインの可能性を強く感じ、瞬く間にレストランやワインショップで注目を集める存在になっています。