アレクサンドル・バン / ラ ルヴェ 2019
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

アレクサンドル・バン / ラ ルヴェ 2019

¥4,730 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ALEXANDRE BAIN / La Levee 2019 原産国/地方:フランス/ロワール タイプ:白 品種:ソーヴィニヨン・ブラン 100% サイズ:750ml 以前はスプリングと名付けられたキュヴェ。アレクサンドル バンのスタンダードキュヴェであるピエール プレシューズよりも熟成期間を短くしてフレッシュな味わいの表現をを意図したキュヴェで、2013年より「ラ ルヴェ」に改名され、新たにリリースされるようになりましたが、安定するまでには予想以上に熟成期間を要し、春にリリースされることはありませんでした。 粘土質と中生代ジュラ紀後期の地層であるポルトランディアン土壌 (石灰質) 、砂質の混ざる土壌の畑で、アレクサンドル バンによるとこのバランスの土壌は固まりやすく、また微生物による炭素固定を阻害する為、馬による耕耘を行っています。自然酵母による発酵、ステンレスタンクでの熟成を経て、厳密な濾過(ろか) や清澄は行わず、瓶詰め時の亜硫酸も添加しません。 クリアで淡い麦わら色。香りにはマンゴー、熟したパパイヤ、黄桃、トロピカルフルーツと言った熟した果実感が溢れ出て時間の経過と共にアレクサンドル バンのワインらしい蜜のようなフレーヴァーに加え、爽快さを感じさせてくれるフレッシュなニュアンスも。味わいには活き活きとした軽快感のある程よい果実味と、それを下支えするバランスの良いミネラル、透明感のある酸と全てが素晴らしいバランスの上に成り立っています。アフターに感じるちょっとした苦みがソーヴィニヨンブランらしさをより際立たせており、伸びのある余韻と相まって秀逸なワインとなっています。抜栓直後から美味しさが際立っている今年のラ ルヴェ。素晴らしい出来栄えです。 (輸入元資料より) <アレクサンドル バンについて> サンセールからロワール川を渡り、プイィ フュメの丘に向かう途中に、「ドメーヌ アレクサンドル バン」があります。彼は1977年生まれ、子供の頃、サンセールにある祖父の家の近くに移り住んだ時、農業をしていた祖父を見て興味を持ち、農業学校に進みました。2007年に畑を購入して独立し、5haほどの広さから始めたワイン造りも現在は11haほどの広さになり、中生代ジュラ紀後期の地層であるキンメリジャンやポルトランディアン土壌を備えた畑から印象的な味わいのワインを生み出しています。彼のセラーは想像以上に現代的かつ機能的に仕上げられていますが、石、コンクリート、木といった天然由来のもの以外は見つけることが出来ません。洗浄する際にも水かお湯のみを使用するほどです。非常にシンプルでありながら機能的で清潔に造られているのは、アレクサンドルの父は石工であったことも関係しているかもしれません。