{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

ムレシップ / トカード 2019

3,960円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

MOURESSIPE / TOCADE 2019 原産国/地方:フランス/ラングドック タイプ:赤 品種:シラー、サンソー 土壌:粘土石灰質土壌 サイズ:750ml 7度の冷蔵室で2日間ぶどうを冷やす。タンク底の5%だけ足でピジャージュ。その上からグラップ・アンティエールのぶどうを詰め、10日間のマセラシオン・セミ・カルボニック。シラーのアルコール発酵中、残糖がある状態でサンソ―を添加。ファイバー製タンクで8ヶ月熟成。 シラーのアルコール発酵がなかなか終わらず、残糖がある状態でサンソーを加えて醸造。ワイン造り20年の経験と思いがけないアクシデントが功を奏し、ほんのりプチプチした魅惑的な液体に!カシスやアメリカンチェリーのジューシーな果実味。余韻には黒糖のような甘やかさがありつつ、ほろ苦さも。ワイン名は『気まぐれ』の意味。(輸入元資料より) <ムレシップについて> まさに今!フランス自然派を引っ張る男。 仏アルルで開催の「自然派大試飲会ルミーズ」※フランスの数ある自然派の試飲会の中でも、最も重要とされているもの。ラングロールなど、巨匠中の巨匠が一斉に揃う凄いイベント。世界に広がった自然派を象徴するように、世界各国の自然派リーダーが、大集合する。ルミーズ試飲会でのムレシップ(アラン・アリエ氏)は、凄いことになっていた・・・。 (以下、現地より) 主催側の主要な役割、リーダーになっているアランは、忙しく動き周っていて、自分のブースに居ることが殆どありませんでした。今、南ローヌの中では、人柄の優しいアランの人望、人気が上がって、多くの若手が教えを願ってきています。経験と時の流れで、良い意味の自信にあふれているリーダーとなっています。多くの若手に「尊敬する、好きな醸造家とワインは?」と聞くと、“アラン・アリエ”と答えるひとが多いのが事実です。ブースに戻ったところを、やっと引き留めて、話しを聞き、テイスティングのスタートです。「お!今までのムレシップとは何か違うゾ!?」 アランは、凄まじい経験を積んで自分の畑、ぶどうの還元度が徹底的によく理解できた境地に。造りも変化させています。元々、オーラ満載の凄い畑から現れるブドウのエネルギーを、根本からボトルに詰め込む造りを、2年前より実行しています。自然派の先端の人達は、オリと共に熟成させる。そのお蔭でSO2を入れなくても酸化しないことを実現させています。同時にオリの旨味も液体に溶け込ませる、アラン流の方法が確立できました。そのお蔭でより透明感が出て、果実味、ミネラル(石灰質)の旨味は衰えず、ムレシップのバランス・スタイルが完成しました!

セール中のアイテム