{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

トリンケーロ / タイヨー 2019

¥5,280 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

TRINCHERO / Tajo 2019 原産国/地方:イタリア/ピエモンテ タイプ:赤 品種:ネッビオーロ50%、フレイザ50% サイズ:750ml エツィオが前々から試してみたかったブレンドが初リリースとなりました。そのタンニンの強さから、ピエモンテの品種の中でも特に熟成に時間のかかるフレイザ。骨格と果実味を早いうちから引き出すことを狙ってネッビオーロをブレンドした。2019年はそれぞれ別々に醸造し、瓶詰前にブレンド。少し温度帯を上げて飲むとふくよかな果実味が表れる。(輸入元資料より) <トリンケーロについて> ピエモンテのナチュラルワインの先駆となった造り手の一人。 現当主エツィオは、かつて約50ha所有していた畑を「自ら畑の世話ができる規模にするため」13 haに縮小した勇気と決断力のある情熱家。トリンケーロの代名詞でもあるバルベーラはそもそも酸が高い品種であり、エツィオのように果実の完熟を待ち、しっかりと抽出もすると、20年以上も深みと気品ある表現力を増し続ける。特に1925年植樹のバルベーラから生まれる「ヴィーニャ・デル・ノーチェ」は偉大な伝統派のバローロにも似て、「辛抱強く待てば必ず応えてくれる」ワインである。バルベーラ以外にもネッビオーロやフレイザなどのピエモンテの地品種を数多く植えているが、出来上がるワインはいずれもトリンケーロのワインらしい大柄な骨格を備えている。エツィオ本人が仕事終わりにも飲むという、マセレーションをしたシャルドネやマルヴァジーアから造られる白ワインも秀逸。 持ち味の酸と酒質の強さを優美に柔らげるためには、樽や瓶での長期の熟成が不可欠ではあるが時間をかけて仕上げられるワインは、いずれも優雅な味わいで、確固たる個性が備わっている。