{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

ジェラール・シュレール・エ・フィス / ピノ・ノワール エレーヌ・ゼロ・ドゥーズ 2019

7,480円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

GÉRARD SCHUELLER ET FILS / Pinot Noir - LN012 2019 原産国/地方:フランス/アルザス タイプ:赤 品種:ピノ・ノワール 植樹:1976年~1981年 位置:標高300~320m、南東向き 土壌:粘土石灰質 サイズ:750ml ※限定入荷のため、お一人様各キュヴェ1本までのご注文とさせていただきます。また、ジェラール・シュレール・エ・フィス以外の条件付きでないワインも同数ご注文ください。単体でのご注文または条件付き同士でのご注文はできません。 グラスファイバー、ステンレスタンクでマセレーション。 醸造も終わり、ブルーノはキュヴェ名をどうしようかと考えていた。ある日、分析から帰ってきたワインの数値を見ると、亜硫酸無添加醸造にもかかわらず、亜硫酸トータル値が12ppmを示していたことから、名前を取った。 畑はアイヒベルグから。(輸入元資料より) <ジェラール・シュレール・エ・フィスについて> 最も純粋、かつ高次元にヴァン・ナチュールのあり方と精神、その偉大さと個性を実感させてくれる生産者の一人。1958年にジェラールが自社醸造を開始し、1982年からブリューノがドメーヌに参画。16世紀以来、何世代にもわたって一度も除草剤や化学肥料を使っていない畑は、土が驚くほど柔らかく健全そのもの。収量を低く抑え、濃縮度の高いブドウから生まれるワインは、格調高い酸が奥行きある果実味を支え、高レベルでバランスが整い、気品とミネラル風味が横溢する。亜硫酸添加は大半のキュヴェがゼロ、添加するものでも瓶詰め時時に20mg/Lが上限。平均収量は30~35hl/ha。所有する畑は計7haだが、自由奔放な発想で実験作を次々に生み出すため、キュヴェ数は膨大となる。白ワインは、3週間~1年のスキンコンタクトを経るものや、アルコール発酵が1年に渡るものもある。

セール中のアイテム